ヘルニアには、サプリメントも効果がある

ヘルニア雑学

最新ニュース

2014/07/28
レーザー治療についてを更新
2014/02/28
サプリメントを更新
2014/02/28
椎間板を更新

ヘルニア

herunia

ヘルニアは、身体が外部からの強い衝撃等を受ける事によって発生します。
この病気になると、臓器が本来の部位から他の組織の部位へとはみ出すのです。
その為、発生箇所では臓器が圧迫され痛みを伴います。

心臓や内臓といった機能は、人の身体の中でも場所が決まっています。
身体は、その決まりによって身体の内臓を区画整理しているのです。
区画整理がされている事により、運動をしても内臓の位置は一定に保たれています。
しかし、前述した様に外部から強い衝撃を受けると、区画整理を行っている内臓に弱い部分が発生するのです。
そして、その弱い部分から臓器がはみ出てしまいます。
このように、区画整理を行っていた内臓部分が弱まる事により、ヘルニアは発症するのです。

ただし、治療をする事により痛みを和らげる事が可能です。
その治療法は、薬物療法、サプリメント、運動療法、牽引、マッサージ等が挙げられます。
この治療法を行う事により、発生箇所の痛みや痺れを緩和させる事ができるのです。

発生箇所

ヘルニアは、身体のあらゆる部分で発症します。

・椎間板
ヘルニアが発症する箇所として、一般的に知られている部分が腰です。
腰は、背骨の椎間板部分に起こります。
背骨は24個の小片からできていて、その小片が動く事で背中を曲げる事ができるのです。
そして、その小片の間にはクッションとなる軟骨が挟まれています。
この軟骨により、背骨はスムーズに動く事ができるのです。
このクッションとなる軟骨を、椎間板といいます。
椎間板は身体の中でも凄く酷使がされる部分でもあり、発症しやすい部分なのです。

・首
首も、ヘルニアを起こしやすい部位です。
首から上は重量が重いのですが、その重量を支える首の筋肉は弱いからです。
腰の椎間板は身体の中でも重い重量を受け持ちますが、腹筋などで補助をする事ができます。
腰に比べると、首は首周りの筋肉だけでしか補助をする事ができないのです。
その為、上ばかりを見ている、身体に合わない枕を使う、首の筋肉を酷使すると、症状が起こりやすくなります。
ただし、首の場合は首の筋肉がほぐれる事によって回復傾向を見せやすいです。

・鼠径(そけい)
鼠径は、足の付根の部分にあたる粘膜が弱い為に発症します。
これは、子どもから大人までなりやすいのです。
また、鼠径は脱腸とも呼ばれています。

なりやすい

tuikanban

ヘルニアは、発症をしやすいという状態があります。

例えば、運動不足やデスクワーク中心の人です。
同じ体制で椅子に座っていると、身体は疲労をしやすいのです。
さらに、デスクワークの方は運動不足によって筋肉が低下します。
その為、ヘルニアが発症しやすくなるのです。

年齢を重ねると、身体の部位が弱ってきます。
そうすると、内臓の締め付けが緩み筋肉が弱まるのです。
その為、年齢を重ねると発症がしやすくなります。

交通事故などで過去に大きな打撲をした場合にも、発症する可能性があります。
こういった場合には、気づかない間に身体の膜に小さなキズが残っている可能性があるのです。
その為、小さな衝撃であっても膜が避けて発症します。